掃除している女性

特殊な掃除法

女性と掃除機

専門の技術と経験、そして配慮が必要な特殊清掃

特殊清掃は、専門の技術と経験が必要です。なぜならば、清掃をする場所は遺体が死後数日経ってから発見されたような場所が多く、臭いを含めた凄惨な状況があるからです。さらに、ご遺族の方が突然の状況で愕然としているなかで依頼されますので、ご遺族の方の心情に配慮した言動も求められるからです。また、清掃場所が賃貸の物件ならば、借主には原状回復義務があります。そうした中で、特殊清掃の施工が悪ければ、物件の管理会社や大家さんが原状回復と認めてくれません。場合によっては、訴訟問題にまで発展してしまうこともあります。こうしたことがありますので、特殊清掃を依頼する際は、まずは専門の業者なのか、あるいはそうでないのかをきちんと見極めることが必要です。そして当然ながら、複数の業者を比較検討し、それぞれ見積もりを取った上でしっかり説明を聞くことが欠かせません。

死臭除去の技術は業者選びの重要なポイント

良い特殊清掃業者を選ぶ上で重要なポイントの一つは、死臭除去の技術です。死臭は独特ですので、薬品やスプレー程度の作業では除去できるものではありません。これを除去するには、専門の技術と経験が必要だからです。もし死臭が残れば、原状回復義務という点からもクレームが付きます。また、もしその物件でご家族が今後も暮らし続けるのであれば、快適な暮らしのためにも小手先の消臭ではごまかしたくないはずです。ですので、特殊清掃業者を選ぶ際には、死臭除去をどのようにしているかをチェックする必要があります。例えば、現在もっとも有効とされている除去方法は「オゾン処理」というものですが、特殊なノウハウや技術がなければできません。このような技術を持ち合わせているのかどうか、業者の資料を読む際、あるいは説明を聞く際に確認しましょう。